UQモバイルは【安くない?】auの新プランと徹底比較しました。

UQモバイルのプランとauの新料金プランを比べてみました。

au家族複数でスマートフォンやガラホを持っている場合や、

自宅のインターネットについてauと提携している会社と契約をしている

基本料金に対して永年値引きが発生します。

auの値引きサービス最大限に利用すれば、実はUQモバイルより安いのでは?

現在auを使っている方やこれからauを使おうと考えている方、UQモバイル

との契約を迷っている方もぜひご覧ください。

※プランについて、表記の料金は2年間の定期契約の場合です。

ネコさんネコさん

auのプランと比べると、UQモバイルは安いのかな・・・?


いぬ博士いぬ博士

auのプランについて、ここでは詳しく取り扱っているからゆっくり見ていこう!

auのスマートフォン用・料金プランはたくさんある

UQモバイルと比べても、auのプランは非常に多いと言えます。

ひとまず、auの料金からまとめておりますのでご覧ください。

新ピタットプラン

auより2019年7月1日より受付が始まりました。

月間(1日〜末日)に利用したデータ通信量・GBによって、

請求額が変動する従量制のプランです。

データ通信をほとんど使わない方といった、ライトユーザーへオススメされているプランです。

ですが、データ通信量を多く使うヘビーユーザーの方は月額料金が高くなってしまう傾向にあります

後述しますが、ヘビーユーザー向けのプランも存在します。

下記の画像をご覧ください。

au 新ピタットプラン

当月利用したデータ通信量が0〜1GB未満なら、¥2,980ー(税抜)の請求が発生します。

1GB〜4GB未満の場合は、¥4,480ー(税抜)

4GB〜7GB以上からは、¥5,980ー(税抜)となります。基本的に、7GBを超えたとしても、

通信制限がかかりデータ通信速度が低速になるだけで、請求に関してはストップします。

ネコさんネコさん

1GB未満しか使わないなら、auも安いよね


いぬ博士いぬ博士

wi-fiがある場所でしか使わなければ、1GB未満に抑えることもできるからおトクなプランだよ

通話オプション

新ピタットプランは国内音声通話について、30秒20円の通話料が発生します。

通話オプションを追加することにより、

国内音声通話1回の通話を5分以内無料の通話定額ライトや無制限の通話定額

が存在します。

新ピタットプラン 通話オプション

通話定額ライトなら、1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題です。

5分以上の通話から30秒20円の通話料が発生します。

料金は月額、¥700ー(税抜)ですが、「通話定額ライトスタートキャンペーン」で、

12ヶ月間は¥500ー(税抜)でご利用いただけます。

通話定額は、24時間国内の通話がかけ放題です。通話定額ライトと違って、

5分以上でも何時間でも通話料は定額です。月額は、¥1,700ー(税抜)です。

※通話定額ライト・通話定額は有料ダイヤルや特番通話、海外、衛星電話関係の通話は対象外です。

ネコさんネコさん

通話をよくする方は気をつけないとなぁ〜


いぬ博士いぬ博士

月間どれくらい電話をかけるかによって、加入するかどうか検討しよう!

新ピタットプランの値引

新ピタットプランには、毎月の利用料金を値引するサービスがあります。

基本的に

  1. 家族割プラス
  2. auスマートバリュー

の2点です。

家族割プラス

家族割プラス

新ピタットプランの値引要素の1つに、「家族話プラス」というものがあります。

同居している家族が2人もしくは3人以上auユーザーであれば、

毎月の料金が2人なら¥ー500(税込)3人以上から¥ー1,000(税込)の永年値引きがあります。

auスマートバリュー

「auスマートバリュー」とは、自宅のブロードバンドの固定電話とインターネットの

契約がauスマートフォンの契約とセットの場合、毎月の基本料金を永年値引きするサービスです。

例えば、「auひかり」や「ビッグローブ光」、地域によっては「ケーブルテレビ系」などが、

対象となっています。自宅のエリア、マンション、集合住宅によってどこの会社と契約できるかは、

必ず確認しましょう。

auスマートバリュー

新ピタットプランにおいての「auスマートバリュー」の値引き額は、

データ通信量が1GB〜4GB未満もしくは4GB〜7GBにおいて、

¥ー500(税抜)を永年値引きをします。

※0〜1GB未満の段階では「auスマートバリュー」の値引きはありません。

値引き適用後の月額利用料金

新ピタットプランの値引き後料金は、家族が何人対象プランで存在するかと、

自宅のインターネット環境によって異なります。

au新ピタットプラン目安

上記画像のようにまとめてみました。

月額料金について、家族が3人以上おり、auスマートバリューが適用可能な場合は

¥1,980ー(税抜)と最も安くなります。

大手キャリアであっても、利用方法によっては月額料金が安くなることは十分ありえると言えます。

ネコさんネコさん

auもかなり安いね〜 わざわざUQモバイルに帰る必要はあるのかな?


いぬ博士いぬ博士

では、実際に基本料金について比較してみよう!

UQモバイル・au新ピタットプラン比較

auの新ピタットプランとUQモバイルのプランを比較してみましょう。

auの新ピタットプラン

au新ピタットプラン目安

UQモバイルのプラン

UQモバイルプラン

 

一見すると両方最も安い場合は、¥1,980ー(税抜)ですが、

UQモバイルは2年目から¥2,980ー(税抜)になります。

2年目から値上がりするUQモバイルと比べるとauの新ピタットプランの方が、

料金的におトクになります。

ただし、auの新ピタットプランで毎月¥1,980ー(税抜)を維持するには、

  1. データ通信量が1GB未満であること
  2. 音声通話はau家族グループ以外有料
  3. 家族が3人以上おり、家族割プラス3人以上の条件を満たしている

基本的に上記の3点が必須となります。

UQモバイルについては、家族の人数は関係ありません。

また、通話に関しては1回5分以内無料にするか、

月間60〜180分無料通話分を選べます。

新ピタットプランの落とし穴!?

2年目で値上がりすることなく、毎月¥1,980ー(税抜)で利用できる

auの新ピタットプランですが、気をつけなければならない落とし穴があります。

  • 1GBを少しでも超過すると、月額料金が増額します。
  • auスマートバリューの適用がなければさらに増額
  • 家族グループから抜けたら増額

主に上記3点は特に気をつけるべきです。

例えば・・・1GB未満・家族3人・auスマートバリューは適応できない、

といった場合の¥1,980ー(税抜)をベースとした一例を挙げてみました。

1GBを少しでも超過して4GB未満・・・1,000円増額

auスマートバリューが適応不可・・・500円増額

家族の内1名が単身赴任や独立などで住所変更が発生した・・・500円増額

こうなってしまうと、一気に¥3,980ー(税抜)にまで、

値上がりしてしまうこともあるのです。

ネコさんネコさん

状況によってはいきなり料金が上がるんだ!?


いぬ博士いぬ博士

実は1,980円で維持していくのは難しかったりするんだよ

まとめ

auの新ピタットプランを安く維持するには、

家族が3人以上必要だったり、自宅のブロードバンドをauスマートバリュー

対応のプランや会社に変更する必要があります。

家族もネットも全部まとめられる環境下にあれば、新ピタットプランも十分おトクと言えますし、

場合によってはUQモバイルのプランより安く利用できます。

しかし、家族内や家庭環境の変化により値引きがなくなることもあったり、

データ通信量の超過でいきなり利用料金が高くなってしまう月もあり得ます

 

UQモバイルについては、特に家族をまとめておく必要もなく、ブロードバンドの指定もありません。

データ通信量を超過した場合は、速度制限が発生するだけで利用料金が突如値上がりすることはありません。

それに、UQ家族割は2人目から永年500円(税抜)の値引きがあります。

ネコさんネコさん

どちらも魅力的なプランなんだけど・・・


いぬ博士いぬ博士

そうだね!UQモバイルのメリットを挙げるなら、家族の状態や自宅のブロードバンド環境に縛られなくて良いというメリットがあるよ!

ネコさんネコさん

なるほど〜難しいことについて余計に考えなくてイイね!